#12 スポーツ現場で肉離れしてる?してない? を求められる

Jul 09, 2022

 肉離れの診断は、資格的にドクターしか出来ませんが、スポーツ現場にいると、肉離れしているかどうか評価を迫られます。

 ドクターのMRI診断が必要になりますが、環境が整っているプロチーム以外は、MRI撮るのは、時間、費用的にハードル高く拒まれる方もいます。

 痛みなど症状が軽い方が肉離れしてるかを判断するのは難しい場合があり苦慮してました。

しかし、エコー評価をするようになり肉離れの疑いを、より精度高く持てるようになりました。

 痛みやエコー所見を総合的に評価して、ドクターの診察を勧める事が出来ます。

 

軽い症状の肉離れを見逃したらいけません。

無理をするとクセになるので。

 

選手や患者様の中には

痛みが少ないのに、肉離れ疑いでMRI検査(ドクター診察)なんて大袈裟という方もいます。

 

大切な大会があるとか休みたくないと強く主張する方もいます。

 

ケガを診る専門家として、リスクをキチンと説明し、進言する事が自分の責任だと思っています。

 

自分がキチンとリスクを説明して、それを理解してもらう所までが、専門家としての自分の義務だと思ってます。

 

その上で選手が軽いと思っているとか、大切な大会があるとかを加味して、選手が最終的に判断してプレー可否やドクター診察を決めればいいと思っています。

 

まず、やるべき事をやる事が専門家として必要だと思っています。

 

そのためには、痛みだけでなく、エコー評価が必要になってます。